板谷内科クリニックブログ

板谷内科クリニックブログ

3回目についての記事一覧

内科

千葉市でコロナワクチンを予約する方法のご案内

内科に関する記事です。
コロナワクチンの接種を受けるには事前予約が必要です。しかしながら、予約の仕組みが複雑なため、多くの方が戸惑っております。このようなことから、接種希望者の中にはコロナワクチンの接種を諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。 この記事では、千葉市在住の当院スタッフに協力してもらい「千葉市のワクチン予約サイト」から予約する流れを「画像付き」でご説明していきます。千葉市でコロナワクチン接種をご検討されている方は、以下の内容を参考にして予約を行ってください。 【目次】 千葉市でコロナワクチンを予約する方法について 千葉市でコロナワクチンを予約する方法1. 予約サイトにアクセス 千葉市でコロナワクチンを予約する方法2. サイトにログイン 千葉市でコロナワクチンを予約する方法3. 3回目の予約に進む 千葉市でコロナワクチンを予約する方法4. 日付検索 千葉市でコロナワクチンを予約する方法5. 予約する 千葉市でコロナワクチンを予約する【会場から探す方法】 千葉市でコロナワクチンを予約する方法1. 予約サイトにアクセス 千葉市でコロナワクチンを予約する方法2. サイトにログイン 千葉市でコロナワクチンを予約する方法3. 3回目の予約に進む 千葉市でコロナワクチンを予約する方法4. 会場から探す 千葉市でコロナワクチンを予約する方法5. 予約する   千葉市でコロナワクチンを予約する方法について 千葉市でコロナワクチンの予約をする方法は二種類。「WEBサイト」もしくは「電話」から予約する方法です。 現在、千葉市ではどちらの予約方法も「1回目接種」と「3回目接種」の方のみ対象となっております(2回目接種の日時は1回目接種の3週間後の同時刻が自動で予約されます)。 ですから、初めてコロナワクチンを接種する、もしくは3回目接種をするという方は「WEBサイト」もしくは「電話」から予約を行ってください。なお、この記事では「WEBサイトの3回目予約」について解説していきます。恐れ入りますが、電話予約をご希望の方は「千葉市のホームページ」からご確認ください。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法1. 予約サイトにアクセス まずは「千葉市ワクチン接種予約サイト」にアクセスします(対応ブラウザはEdge、Google Chrome、Safariの最新バージョンのみとなっております)。なお、予約サイトにアクセスできない方には電話予約をおすすめします。 恐れ入りますが「千葉市コロナワクチン接種コールセンター」にご連絡して電話予約を行ってください。 ※千葉市コロナワクチン接種コールセンター 電話番号:0120-57-8970 受付時間:(月曜日から金曜日まで)8時30分から21時00分(土曜日と日曜日)8時30分から18時00分まで。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法2. サイトにログイン ログイン画面に表示されている「①接種券番号」と「②パスワード」を入力し、利用規約を読んでください。 利用規約を確認して問題がなければ「利用規約に同意する」にチェックし、ログインしましょう。 ①接種券番号 接種券番号とは、自治体より送付された接種券に記載されている「10桁の接種券番号」のことです。 ②パスワード パスワードについては、初回ログイン時は生年月日を8桁の数字で入力してください (例: 1990年4月1日 → 19900401)。 2回目以降は設定したパスワードでログインできます。 ※以下の画面に切り替わればログイン成功です。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法3. 3回目の予約に進む マイページ下部に移動して3回目予約の「新規予約」を押してください。 「3回目接種に関する注意」が表示されますので、しっかりと読みましょう。 問題がなければ「3回目予約へ進む」のボタンを押してください。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法4. 日付検索 「日付から探す」を選択します。 次に日付検索画面にて「接種ワクチンの種類」「日付」を選択してください。 「会場を絞り込む」を押し、会場名に【板谷内科クリニック】と入力。その後「絞り込む」を押してください。 当院の情報が表示されます。接種可能な時間帯をご選択ください。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法5. 予約する 接種予約確認画面が表示されます。 記載内容に問題がなければ「予約を確定する」を押してください。 予約が完了すると、こちらのような画面が表示されます。 以上で予約完了です。   千葉市でコロナワクチンを予約する【会場から探す方法】 続きましては、コロナワクチン予約を日付ではなく「会場から探す方法」についてご紹介します。予約方法1~3までは同じ流れになりますので、上記をご覧ください。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法1. 予約サイトにアクセス ※上記と同様のため割愛します。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法2. サイトにログイン ※上記と同様のため割愛します。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法3. 3回目の予約に進む ※上記と同様のため割愛します。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法4. 会場から探す 「会場から探す」を選択します。 接種会場名に【板谷内科クリニック】と入力し「絞り込み」を押してください。 「板谷内科クリニック」を選択します。 接種会場として当院が表示されます。記載ないようにお間違いなければ「この会場で予約」を押してください(接種会場名に「板谷内科クリニック」と記載されているかを必ずご確認ください)。 「ワクチンの種類」と「希望日時」を選択し、「次へ」を押してください。   千葉市でコロナワクチンを予約する方法5. 予約する 接種予約確認画面が表示されます。 記載内容に問題がなければ「予約を確定する」を押してください。 以上で予約完了です。 最後までご覧くださりありがとうございました。  

2022.03.01

内科

新型コロナワクチンの3回目接種につきまして

内科に関する記事です。
現在、日本で接種されている新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果があります。 また、感染や重症化を予防する効果も確認されています。 しかしながら、新型コロナワクチンを2回接種した場合であっても、接種後の時間経過とともに「コロナワクチンの有効性」や「免疫原性」が低下すると報告されております。 したがって「感染拡大防止」及び「重症化予防」の観点から、初回接種(1回目・2回目)を完了した方は、追加で3回目接種をすることが望ましいと考えられております。 この記事では、新型コロナワクチンの「3回目接種の種類」や「3回目接種の時期」についてお伝えしていきます。 新型コロナワクチンの3回目接種をご検討される方は、ぜひ最後までご覧ください。 【目次】 新型コロナワクチンの3回目接種の種類につきまして 【新型コロナワクチンの3回目接種の種類1】ファイザー社の新型コロナワクチン 【新型コロナワクチンの3回目接種の種類2】武田/モデルナ社の新型コロナワクチン 新型コロナワクチンの3回目と初回接種の種類が異なる場合につきまして 千葉市の新型コロナワクチン3回目接種の時期につきまして 千葉市の新型コロナワクチン3回目の接種券につきまして 新型コロナワクチンの3回目接種の対象者につきまして 新型コロナワクチンの3回目接種の副反応につきまして 新型コロナワクチンの3回目接種をしないリスクにつきまして 新型コロナワクチンの3回目接種の種類につきまして 新型コロナワクチンの3回目接種に使用するワクチンは「ファイザー社のワクチン」または「武田/モデルナ社のワクチン」になります。それぞれのワクチンについては以下をご覧ください。 【新型コロナワクチンの3回目接種の種類1】ファイザー社の新型コロナワクチン ファイザー社の新型コロナワクチンは「メッセンジャーRNAワクチン」。(以下: mRNAワクチン)。 SARS-CoV-2のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要なタンパク質)の設計図となるmRNAを脂質の膜に包んだ製剤になります。ファイザー社の新型コロナワクチンを接種し、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生されます。 そして、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-CoV-2による感染症の予防ができると考えられているのです。 ファイザー社の新型コロナワクチンについて詳しく知りたい方は「ファイザー社のホームページ」をご覧ください。   【新型コロナワクチンの3回目接種の種類2】武田/モデルナ社の新型コロナワクチン 武田/モデルナ社の新型コロナワクチンは、ファイザー社と同じく「mRNAワクチン」です。 武田/モデルナ社の新型コロナワクチンを接種し、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-CoV-2による感染症の予防ができると考えられているのです。 武田/モデルナ社の新型コロナワクチンについて詳しく知りたい方は「武田/モデルナ社のホームページ」をご覧ください。 ※mRNAワクチンについては「国立感染症研究所のホームページ」こちらで詳しい情報が確認できます。 新型コロナワクチンの3回目と初回接種の種類が異なる場合につきまして 新型コロナワクチンの3回目接種に使用するワクチンは、初回接種(1回目・2回目)に用いたワクチンの種類に関わらず、mRNAワクチン(ファイザー社のワクチン又は武田/モデルナ社のワクチン)を用いることが適当であるとされています。 つまり初回接種(1回目・2回目)において、ファイザー社、武田/モデルナ社、またはアストラゼネカ社のワクチンを受けた場合、3回目接種では初回接種時に用いたワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社または武田/モデルナ社のワクチンのいずれかを使用することが可能となっております。 新型コロナワクチンの3回目接種をする際は、この点を踏まえてご予約ください。 千葉市の新型コロナワクチン3回目接種の時期につきまして 千葉市の新型コロナワクチン3回目接種の時期は、日本政府がワクチン供給を始めるタイミングを考慮すると、来年2月以降になるでしょう。 具体的な時期については「千葉市のホームページ」にて発表があると思いますので、ご確認ください。 なお、新型コロナワクチン接種を行う期間については、令和3年12月1日から令和4年9月30日までの予定となっております。(2021年12月地点) 【2022年2月追記】 先月から当院では新型コロナワクチン接種を始めております。 必要なお荷物、服装や予約の仕方についてはトップページのご案内に記載しておりますので、以下からご確認ください。 新型コロナワクチン接種に関する情報について 千葉市の新型コロナワクチン3回目の接種券につきまして 千葉市では、新型コロナワクチン3回目接種に使用する接種券を「接種を開始する月の前月」を目安にお届けする予定となっております。 【2022年2月追記】 現在千葉市のサイトで3回目の新型コロナワクチン接種券の発送スケジュールを確認いただけます。 詳細は以下からご覧ください。 2022年(令和4年)3月末時点の新型コロナワクチン接種券の発送スケジュールについて なお、接種券は「千葉市に住民票がある接種対象者」のみに郵送され、それ以外の方には届きません。 千葉市以外にお住まいの方は「住民票がある自治体の公式ホームページ」にアクセスし、接種券の配布日程をご確認ください。 自治体の公式ホームページについては、以下の参考例をもとにお調べください。 <自治体の公式ホームページ:参考例1> 東京都世田谷区のホームページ <自治体の公式ホームページ:参考例2> 東京都練馬区のホームページ <自治体の公式ホームページ:参考例3> 東京都江戸川区のホームページ <自治体の公式ホームページ:参考例4> 神奈川県横浜市のホームページ <自治体の公式ホームページ:参考例5> 埼玉県さいたま市のホームページ   新型コロナワクチンの3回目接種の対象者につきまして 新型コロナワクチンの3回目接種の対象者は、以下をすべて満たす方になります。 ①    2回目接種を完了した日から、原則8か月以上経過した方 ②    18歳以上の方 ③    日本国内での初回接種(1回目・2回目)または初回接種に相当する接種(※1)が完了している方 (※1) 次に該当する方が、初回接種(1回目・2回目)に相当する接種を受けた方となります。ただし、該当者は日本で薬事承認されている「ファイザー社ワクチン」「武田/モデルナ社ワクチン」「アストラゼネカ社ワクチン」のいずれかを接種している場合に限ります。 (ア)海外で2回接種した方 (イ)海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方 (ウ)在日米軍従業員接種で2回接種した方 (エ)製薬メーカーの治験等で2回接種した方 新型コロナワクチンの3回目接種の副反応につきまして 新型コロナワクチン3回目接種の副反応は「ファイザー社のワクチン」及び「武田/モデルナ社のワクチン」いずれの場合も、2回目の接種後に確認されたものと比較して、その発現傾向は概ね同様であるとされています。 ただし、リンパ節の腫れについては、初回接種時(1回目・2回目)と比較して、発現割合が高い傾向にあるでしょう(ファイザー社:5%程度、武田/モデルナ社:20%程度)。3回目接種の副反応について詳しく知りたい方は「厚生労働省のホームページ」をご覧ください。   新型コロナワクチンの3回目接種をしないリスクにつきまして 現在、日本で接種が進められているワクチンは発症予防効果等がある一方、感染予防効果や、高齢者においては重症化予防効果についても、時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが示唆されています。 そのため、新型コロナワクチンの3回目接種をしない場合、徐々に感染や重症化のリスクが高まると言えます。新型コロナウイルスに感染すると、発熱・咳・倦怠感の発症や味覚または嗅覚を一時的に失う懸念があります。 場合によっては「呼吸困難」や「肺炎」などの重篤な症状に陥るケースもございます。 これらの症状から回復したあとでも、嗅覚や味覚障害、疲労感、記憶障害などの長引く症状(いわゆる後遺症)に苦しんでいる人が一定数存在します。 これらの症状を回避するためにもぜひ、新型コロナワクチンの3回目接種を前向きにご検討ください。

2021.12.21