クリニック紹介

クリニック紹介

院長・スタッフ紹介

不安なことは何でも相談できる、地域に根ざしたかかりつけ医を目指します。

1989年の開院以来、心身のどんな御相談にも応じる姿勢で診療を続けて参りました。

1.わかりやすい言葉・わかりやすい形で提供するよう心掛けています。
2.安心して通院していただけるような明るくてあたたかいクリニックを目指しています。
3.どの科に行っていいか分からない、この病気は特にどこの病院に行くのがいいか分からないといった御相談にも応じさせて頂きます。

専門的治療が必要な場合は、直ちにご希望の病院へ紹介させて頂きます。
病気や治療でお困りのことがございましたらお気軽にご相談下さい。よろしくお願いいたします。

板谷クリニック院長 板谷 喬起

副院長 藤本 昌紀

父である板谷喬起が、この地に開業し、30年が過ぎました。
その間、私は学生、研修医、留学をし、大学の医局にいる日々でした。
気づけば、千葉で30年の日々が流れ、一向に千葉に寄りつこうとしない弟を見て、板谷内科クリニックを継ぐ覚悟を決めました。
開業医は、医療への入り口となる場所です。医療に関する些細なことでもお気軽にご相談していただける「身近なかかりつけ医」として、皆様のお言葉に耳を傾けながら、 健康を守るために貢献していきます。
また救急病院での勤務経験をいかし、迅速な対応も心がけていきます。よろしくお願い申し上げます。

この度、季刊「ドクターズアイ」春号に生活習慣病治療というテーマで藤本副院長のインタビュー記事が掲載されました。

以下はインタビュー記事の一部抜粋です。
「どの科に行けばいいか迷ったらまず頼ってほしいのがかかりつけ医。この症状はどの科で診察するのがいいかなど、交通整理をするのも我々の役割です。必要な科の入口まで必ず連れていきます」

doctors eye
▶︎ これまでの発表一覧はこちら