板谷内科クリニックブログ

板谷内科クリニックブログ

副反応についての記事一覧

内科

コロナワクチンによる副反応の症状についてご説明します

内科に関する記事です。
現在、日本で接種が行われているコロナワクチンは、いずれも新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果があり、また、重症化を予防する効果が期待されています。しかしながら、なかなかコロナワクチンの接種が進みません。これは供給量や打ち手不足の問題。それに加えて、誤った情報に基づく誤解や副反応への恐れが原因ではないかと考えられております。 この記事では、これからコロナワクチンを接種される方に向けて、副反応の症状について説明したいと思います。副反応の症状を知り、コロナワクチンへの理解を深めれば、安心して接種ができると思います。また、副反応がおこった際、冷静に対処できるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。 【目次】 コロナワクチンの副反応の症状にはどのようなものがあるか 【コロナワクチンの副反応!主な症状1】発熱 【コロナワクチンの副反応!主な症状2】接種部位の痛み 【コロナワクチンの副反応!主な症状3】接種部位の腫れ 【コロナワクチンの副反応!主な症状4】嘔吐 【コロナワクチンの副反応!主な症状5】吐き気 【コロナワクチンの副反応!主な症状6】頭痛 【コロナワクチンの副反応!主な症状7】筋肉痛 【コロナワクチンの副反応!主な症状8】関節痛 【コロナワクチンの副反応!主な症状9】下痢 【コロナワクチンの副反応!主な症状10】疲労 【コロナワクチンの副反応!主な症状11】悪寒 【コロナワクチンの副反応!主な症状12】リンパ節症 【コロナワクチンの主な副作用13】発赤・紅斑 コロナワクチンの副反応の差について コロナワクチンの副反応によるアナフィラキシーショックについて 千葉県でのコロナワクチンの副反応への対応について コロナワクチンの副反応が出た時はいつでもご相談を         コロナワクチンの副反応の症状にはどのようなものがあるか はじめに、副反応の症状について説明していきます。これからコロナワクチンの接種を控えている方は、副反応の症状をあらかじめ知っていることで、落ち着いて行動できると思います。ですから、すべての症状に目を通してくださいね。尚、副反応について調べるコロナワクチンは、日本で接種ができる3種類。「ファイザー社のワクチン」、「武田/モデルナ社のワクチン」、「アストラゼネカ社のコロナワクチン」となっております。       【コロナワクチンの副反応!主な症状1】発熱 1番目にご紹介する副反応の症状は『発熱』です。発熱とは、体温が37.5°C以上を呈した状態のこと(感染症法の届け出基準をもとにしております)。こちらの症状は「ファイザー社」と「武田/モデルナ社」のコロナワクチン接種後『10〜50%』の確率で発生。「アストラゼネカ社」では『1〜10%』の確率で発生致します。     【コロナワクチンの副反応!主な症状2】接種部位の痛み 2番目にご紹介する副反応の症状は『接種部位の痛み』です。接種部位の痛みとは、注射した部分が痛むということ。こちらの症状は「ファイザー社」、「武田/モデルナ社」、「アストラゼネカ社」のいずれも、コロナワクチン接種後『50%以上』の確率で発生致します。     【コロナワクチンの副反応!主な症状3】接種部位の腫れ 3番目にご紹介する副反応の症状は『接種部位の腫れ』です。接種部位の腫れとは、注射した部分が赤く腫れるということ。こちらの症状は「ファイザー社」と「武田/モデルナ社」のコロナワクチン接種後『10〜50%』の確率で発生。「アストラゼネカ社」では『1〜10%』の確率で発生致します。       【コロナワクチンの副反応!主な症状4】嘔吐 4番目にご紹介する副反応の症状は『嘔吐』です。嘔吐とは、胃が強く収縮し、胃の内容物が食道に押し上げられて口から出ること。こちらの症状は「武田/モデルナ社」のコロナワクチン接種後『10〜50%』の確率で発生。「ファイザー社」、「アストラゼネカ社」では『1〜10%』の確率で発生致します。     【コロナワクチンの副反応!主な症状5】吐き気 5番目にご紹介する副反応の症状は『吐き気』です。吐き気とは、嘔吐しそうな不快感のこと。こちらの症状は「武田/モデルナ社」と「アストラゼネカ社」のコロナワクチン接種後『10〜50%』の確率で発生。「ファイザー社」では『1〜10%』の確率で発生致します。     【コロナワクチンの副反応!主な症状6】頭痛 6番目にご紹介する副反応の症状は『頭痛』です。頭痛とは、頭全体に、頭重感(ずじゅうかん)や締めつけられるような痛みを感じること。こちらの症状は「ファイザー社」、「武田/モデルナ社」、「アストラゼネカ社」のいずれも、コロナワクチン接種後『50%以上』の確率で発生致します。(※頭重感は頭が重く、締め付けられるような感じのことです)         【コロナワクチンの副反応!主な症状7】筋肉痛 7番目にご紹介する副反応の症状は『筋肉痛』です。筋肉痛とは、筋肉が痛むということ。慣れない運動を行ったとき、普段使わない筋肉を使いすぎた場合などに顕著に現れます。こちらの症状は「武田/モデルナ社」のコロナワクチン接種後『50%以上』の確率で発生。「ファイザー社」では『10〜50%』の確率で発生致します。尚、「アストラゼネカ社」のコロナワクチンでは、筋肉痛の副反応はございません。         【コロナワクチンの副反応!主な症状8】関節痛 8番目にご紹介する副反応の症状は『関節痛』です。関節痛とは、関節の周辺で生じる痛みのこと。膝や肘、手指や足指の関節、腰、手首などに多く発症します。こちらの症状は「ファイザー社」、「武田/モデルナ社」、「アストラゼネカ社」のいずれも、コロナワクチン接種後『50%以上』の確率で発生致します。       【コロナワクチンの副反応!主な症状9】下痢 9番目にご紹介する副反応の症状は『下痢』です。下痢とは、頻繁に便意をもよおし、排便回数が多くなることに加え、便の水分量が多くなり「軟便」や「かゆ状の便」となって出てくる状態のこと。こちらの症状は「ファイザー社」のコロナワクチン接種後『10〜50%』の確率で発生致します。尚、「武田/モデルナ社」と「アストラゼネカ社」では、下痢の副反応はございません。詳しくは「武田/モデルナ社」と「アストラゼネカ社」のホームページをご覧ください。         【コロナワクチンの副反応!主な症状10】疲労 10番目にご紹介する副反応の症状は『疲労』です。疲労とは、過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の減退状態のこと。簡単にご説明すると、心身への過負荷により生じた「身体能力の低下」のことを言います。こちらの症状は「ファイザー社」、「武田/モデルナ社」、「アストラゼネカ社」のいずれも、コロナワクチン接種後『50%以上』の確率で発生致します。       【コロナワクチンの副反応!主な症状11】悪寒 11番目にご紹介する副反応の症状は『悪寒』です。悪寒とは、発熱の初期に起きる、体がゾクゾクする病的な寒け(さむけ)のこと。こちらの症状は「ファイザー社」、「武田/モデルナ社」、「アストラゼネカ社」のいずれも、コロナワクチン接種後『10〜50%』の確率で発生致します。       【コロナワクチンの副反応!主な症状12】リンパ節症 12番目にご紹介する副反応の症状は『リンパ節症』です。リンパ節症とは、1つまたは複数のリンパ節に感染が起きて、腫れと圧痛が生じること。こちらの症状は「武田/モデルナ社」のコロナワクチン接種後『10〜50%』の確率で発生致します。尚、「ファイザー社」と「アストラゼネカ社」のコロナワクチンでは、リンパ節症の副反応はございません。     【コロナワクチンの主な副作用13】発赤・紅斑 13番目にご紹介するコロナワクチンの主な副作用は『発赤・紅斑』です。発赤とは、皮膚が赤くなること。紅斑は、皮下脂肪に炎症が起こり、皮膚に小さな卵くらいの大きさの赤色や紫色の斑点が沢山できることを言います。こちらの症状は「武田/モデルナ社」のコロナワクチン接種後『10〜50%』の確率で発生。「アストラゼネカ社」のコロナワクチン接種後『1〜10%』の確率で発生致します。尚、「ファイザー社」のコロナワクチンでは、発赤・紅斑の副反応はございません。詳しくは「ファイザー社のホームページ」をご覧ください。           コロナワクチンの副反応の差について 上記でご説明した副反応は一般的に、1回目の接種後よりも2回目の接種後のほうが、強く発生致します。それは1回目の接種により、体内でコロナウイルスに対する免疫ができるからです。なので、2回目の接種時には、1回目より強い免疫応答が起こり、強い副反応が発生致します。しかし、これはあくまで傾向。副反応の症状には個人差があり、1回目より2回目が必ず強くなるわけではありません。ですから、1回目の接種後でも油断せず、数日間は安静にしておきましょう。尚、念のため付け加えておきますが、副反応の強さと抗体獲得に相関関係はありません。つまり、副反応が強いから「抗体を多く獲得できる」。副反応が弱いから「抗体が少ない」ということはないのです。副反応が弱いからといって不安にならないでくださいね。         コロナワクチンの副反応によるアナフィラキシーショックについて   アナフィラキシーショックとは急性のアレルギー反応のこと。アレルゲンなどが体内に入ることによって、複数の臓器や全身にアレルギー症状が表れることを言います。コロナワクチンを接種すると、ごく稀に『アナフィラキシーショック』の副作用を起こす人がいます。この症状は放っておくと、命に危険が生じる可能性がありますが、心配はいりません。なぜなら、コロナワクチン接種後に「アナフィラキシーショック」が起こるかを確認するため、接種会場では約30分程度の待機時間を設けているからです。また、どの接種会場でも、すぐに専門の医師が対応できるよう環境を整えております。そのため、これまでにコロナワクチン接種後「アナフィラキシーショック」を起こして死亡したケースはありません。以上のことから、必要以上にアナフィラキシーショックを恐れないようにしてくださいね。         千葉県でのコロナワクチンの副反応への対応について 現在、千葉県では、コロナワクチンの副反応が起きた場合に備え「千葉県新型コロナワクチン副反応等専門窓口」を設置しております。こちらの窓口は、副反応等に関する医学的知見を有する看護師などが医師のバックアップを受けて、24時間(土日・祝日含む)で電話対応しております。ですから、コロナワクチンを接種した後、身体に異常を感じた際は遠慮なくご相談ください。念の為「千葉県のホームページ」を記載しておきますね。   「千葉県新型コロナワクチン副反応等専門窓口」     電話番号 03-6412-9326       コロナワクチンの副反応が出た時はいつでもご相談を 当院では、患者様お一人お一人の立場に立ち、多様な悩みの解決をするよう努めております。ですから、コロナワクチンを接種後、身体に異常を感じたり体調不良が続く場合は、いつでもお気軽にご相談ください。尚、当院に電話をかけても繋がらない場合は、上述しました「千葉県新型コロナワクチン副反応等専門窓口」にご相談いただければと存じます。こちらの窓口は、24時間体制(土日・祝日含む)で電話対応しております。ですから、深夜にお電話しても問題ありません。ご遠慮なくご相談ください。   最後まで読んでくださりありがとうございました。

2021.09.07

内科

コロナワクチン接種後の副反応について解説します

内科に関する記事です。
現在、日本で接種が行われているコロナワクチンは、安全性を確認した上で承認され、接種されています。そのため、コロナワクチン接種後にみられる副反応を過度に恐れることはありません。一般的にワクチン接種後には、身体が免疫をつける反応を起こすため、発熱や接種部位の痛みなどの副反応が多くの方に出現するとされています。ですから、副反応が起こっても慌てず、冷静に対処していただきたく存じます。 この記事では、これからコロナワクチンを接種される方に向けて、接種後の不安を和らげるため、副反応について解説いたします。記事の後半では、副反応がおこった場合の対応について詳しく書いておりますので、ぜひ最後までご覧ください。 【目次】 コロナワクチン接種後の副反応について コロナワクチン接種後の副反応の事例 【コロナワクチン接種後の副反応の事例】ファイザー社 【コロナワクチン接種後の副反応の事例】武田/モデルナ社 【コロナワクチン接種後の副反応の事例】アストラゼネカ社 コロナワクチン接種後の副反応の期間について コロナワクチン接種後の副反応の発現率について 【コロナワクチン接種後の副反応の発現率】ファイザー社 【コロナワクチン接種後の副反応の発現率】武田/モデルナ社 【コロナワクチン接種後の副反応の発現率】アストラゼネカ社 コロナワクチン接種後の副反応が出た時の対応 <一次対応>(受診・相談) <二次対応>(救急対応) まとめ         コロナワクチン接種後の副反応について   現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンは非常に高い効果がありますが、接種後、副反応が起こるかもしれません。副反応は注射した部分の痛み、頭痛、関節の痛みなど、症状は様々。人によっては、コロナワクチン接種後に発熱をすることもあるでしょう。これらの副反応は一見すると体に異常をきたしているように思います。しかし副反応が生じるのは、免疫反応のあらわれと考えられ、きちんと免疫ができている証拠。ですから、副反応が起こることは、決して体に悪いことではありません。ですので、副反応が起こっても、慌てず冷静に対処してください。尚、副反応に関することは「厚生労働省のホームページ」にも記載しております。副反応について「どうしても不安」だという方は、一度目を通してみるといいでしょう。         コロナワクチン接種後の副反応の事例 ここでは、副反応の事例をご紹介します。現在、日本で接種できるコロナワクチンは3種類。「ファイザー社のコロナワクチン」、「武田/モデルナ社のコロナワクチン」、「アストラゼネカ社のコロナワクチン」となっております。製薬会社ごとに事例をご紹介していきますので、詳しくは以下をご覧ください。       【コロナワクチン接種後の副反応の事例】ファイザー社 ファイザー社のコロナワクチン接種後の副反応は、主に、頭痛、関節や筋肉の痛み、注射した部分の痛み、疲労、寒気、発熱などになります。また、稀に起こる重大な副反応として、アナフィラキシーショックがございます。     【コロナワクチン接種後の副反応の事例】武田/モデルナ社 武田/モデルナ社のコロナワクチン接種後の副反応は、主に、頭痛、関節や筋肉の痛み、注射した部分の痛み、疲労、寒気、発熱などになります。また、こちらもファイザー社と同様、稀に起こる重大な副反応として、アナフィラキシーショックがございます。     【コロナワクチン接種後の副反応の事例】アストラゼネカ社 アストラゼネカ社のコロナワクチン接種後の副反応は、主に、頭痛、関節や筋肉の痛み、注射した部分の痛み、倦怠感、疲労、寒気、発熱などになります。また、こちらもファイザー社と同様、稀に起こる重大な副反応として、アナフィラキシーショックがございます。     以上が各社の主な副反応です。 尚、上記でご紹介致しました、アナフィラキシーショックについては「副反応の症状について説明している記事」で詳しく解説しております。こちらの記事を読めば一つ一つの症状について、より理解が深まると思いますので、ぜひご覧ください。         コロナワクチン接種後の副反応の期間について コロナワクチン接種後の副反応は接種の翌日をピークに発現することが多く、数日以内に回復していきます。しかし、副反応には個人差があり、人によっては1ヶ月続いたケースもありました(多くの人は数日で落ち着きます)。ですから、コロナワクチン接種後は油断せず、しばらくは安静にしてください。尚、回復期間と同様、副反応の症状が出る期間にも個人差があります。人によっては二日後が副反応のピークになるかもしれません。ですので、コロナワクチン接種の翌日に症状がないからといって、大量にアルコールを接種したり、激しい運動をしないようにしてください。厚生労働省のホームページでも、コロナワクチン接種後に激しい運動はしないよう、忠告しております。(※当院にご相談をされた方で、あまりにも副反応の期間が長い、もしくは違和感が続く場合は、ご遠慮なくご相談ください)     コロナワクチン接種後の副反応の発現率について 続きましては、副反応の発現率をご紹介します。こちらも副反応の事例と同様、製薬会社ごとにご紹介していきます。詳しくは以下をご覧ください。       【コロナワクチン接種後の副反応の発現率】ファイザー社 ファイザー社のコロナワクチン接種後の副反応発現率は「接種部の痛み」「疲労」「頭痛」が50%以上。「筋肉痛」「悪寒」「関節痛」「下痢」「発熱」「接種部の腫れ」が10%〜50%、「吐き気」「嘔吐」が1%〜10%となっております。ファイザー社のコロナワクチンについて、より詳しく知りたい方は「ファイザー社のホームページ」をご覧ください。     【コロナワクチン接種後の副反応の発現率】武田/モデルナ社 武田/モデルナ社のコロナワクチン接種後の副反応発現率は「接種部の痛み」「疲労」「頭痛」「筋肉痛」が50%以上。「関節痛」「悪寒」「吐き気」「嘔吐」「リンパ節症」「発熱」「接種部の腫れ」「発赤・紅斑」が10%〜50%。「接種後7日以降の接種部の痛みなど」が1%〜10%となっております。武田/モデルナ社のコロナワクチンについて、より詳しく知りたい方は「武田/モデルナ社のホームページ」をご覧ください。     【コロナワクチン接種後の副反応の発現率】アストラゼネカ社 アストラゼネカ社のコロナワクチン接種後の副反応発現率は「接種部の痛み」「疲労」「頭痛」が50%以上。「悪寒」「関節痛」「吐き気」が10%〜50%、「発熱」「嘔吐」「接種部の腫れ」「発赤・紅斑」などが1%〜10%となっております。アストラゼネカ社のコロナワクチンについて、より詳しく知りたい方は「アストラゼネカ社のホームページ」をご覧ください。     以上が副反応の発現率です。 繰り返しになりますが、副反応は個人差がございます。ですから、これらの数値はあくまで参考でございます。1%の確率であっても、人によっては翌日に起こることがあります。ですので、コロナワクチン接種後、しばらくは安静にしましょう。       コロナワクチン接種後の副反応が出た時の対応 ここでは、コロナワクチン接種後に副反応が出た時の対応をご紹介します。コロナワクチン接種後、身体に異常を感じたり、体調不良が長く続く場合は、以下の手順でご対応ください。     【一次対応】(受診・相談) ①    当院にご相談ください。(板谷内科クリニック/ TEL 043-234-0220) 診療時間は以下の通りです。 <診療時間> 月・火・水・金(9:00〜12:15/14:30〜18:00) 土(9:00〜12:15) ※木・日・祝祭日は休日になります。     ②    千葉県新型コロナワクチン副反応等専門窓口にご相談ください。 副反応等に関する医学的知見を有する看護師などが医師のバックアップを受けて、24時間体制(土日・祝日含む)で対応しております。 TEL 03-6412-9326(※おかけ間違いにご注意ください)     【二次対応】(救急対応) 専門的な対応が必要であると判断した場合には専門的医療機関をご紹介します。 紹介は当院、または「千葉県新型コロナワクチン副反応等専門窓口」を通じて致します。       まとめ   では、これまでの内容をまとめますと、   コロナワクチン接種後の副反応について コロナワクチン接種後の副反応の事例 【コロナワクチン接種後の副反応の事例】ファイザー社 【コロナワクチン接種後の副反応の事例】武田/モデルナ社 【コロナワクチン接種後の副反応の事例】アストラゼネカ社 コロナワクチン接種後の副反応の期間について コロナワクチン接種後の副反応の発現率について 【コロナワクチン接種後の副反応の発現率】ファイザー社 【コロナワクチン接種後の副反応の発現率】武田/モデルナ社 【コロナワクチン接種後の副反応の発現率】アストラゼネカ社 コロナワクチン接種後の副反応が出た時の対応 <一次対応>(受診・相談) <二次対応>(救急対応) 以上でございます。 最後になりますが、現在、当院では患者様お一人お一人の立場に立ち、多様な悩みの解決をするよう努めております。ですので、コロナワクチンを接種後、身体に異常を感じたり体調不良が続く場合は、いつでもお気軽にご相談ください。尚、当院に電話をかけても繋がらない場合は、上述致しました「千葉県新型コロナワクチン副反応等専門窓口」にご相談いただければと存じます。こちらの窓口は、24時間体制(土日・祝日含む)で電話対応しております。ですから、深夜にお電話しても問題ありません。ご遠慮なくご相談ください。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

2021.09.07

内科

コロナワクチン接種後の感染について解説

内科に関する記事です。
コロナワクチンを接種したのに…。 新型コロナウイルスに感染することってあるの? このような疑問を抱えている方はいませんか? 「コロナワクチン接種後に感染することはない」「いや、コロナワクチン接種後も感染する」など、コロナワクチン接種後の感染については情報がたくさんあります。そのため、どれが真実かわからず、接種を受けた方は不安になってしまうのではないでしょうか。 というわけで、今回はその不安を解消するため「コロナワクチン接種後の感染」について解説したいと思います。この記事を読めば、コロナワクチン接種後の感染について理解が深まると思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それでは、いってみましょう! 【目次】 コロナワクチン接種後の感染について解説する前に コロナワクチン接種後の感染について解説 コロナワクチン接種後の感染!ワクチンごとに有効率を解説 【コロナワクチン接種後の感染】ファイザー社 【コロナワクチン接種後の運動】アストラゼネカ社 【コロナワクチン接種後の運動】武田/モデルナ社 <コロナワクチン有効率のまとめ> コロナワクチン接種後に発熱した状態で人に会うと感染させるってホント? コロナワクチン接種後の感染!日本国内のニュースから見てみる 【コロナワクチン接種後の感染】東京都 【コロナワクチン接種後の感染】大阪府 【コロナワクチン接種後の感染】埼玉県 コロナワクチン接種後の感染!海外のニュースから見てみる 【コロナワクチン接種後の感染】アメリカ 【コロナワクチン接種後の感染】シンガポール 【コロナワクチン接種後の感染】イスラエル まとめ       コロナワクチン接種後の感染について解説する前に コロナワクチン接種後の感染について解説する前に、大切なことをお伝えします。それは、「コロナワクチンを接種すると副反応が起こるかもしれない」ということです。副反応とは、コロナワクチン接種後、ウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れること。具体的には、注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛みなどになります。これらの症状は、基本的に数日もすれば回復していきます。ですが、なかには症状が悪化して苦しいという方もいるかもしれません。なので、もし心配な方、あるいは症状が悪化して苦しいという方は、「千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口」に連絡をしてください。こちらの窓口は24時間体制で相談できるようになっておりますので、深夜に連絡しても大丈夫ですよ。 千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口 電話番号  03-6412-9326  受付時間  24時間(土曜日・日曜日、祝日含む)     コロナワクチン接種後の感染について解説 コロナワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染することはあるのか?結論を申し上げますと、コロナワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染する可能性はあります。というのも、通常コロナワクチンを接種して免疫がつくまでに1~2週間程度かかります。そのため、その期間はコロナワクチンを接種していないのと同じ状態。感染する可能性は十分にあります。また、コロナワクチンを接種後に免疫がついても発症予防効果は100%ではありません。ですので、コロナワクチン接種後も「うがい」「手洗い」「密を避ける」といった感染予防対策は継続するようにしましょう。コロナワクチン接種後の感染について詳しく知りたい方は「厚生労働省のホームページ」をご覧ください。     コロナワクチン接種後の感染!ワクチンごとに有効率を解説 続きまして、コロナワクチン接種後の感染について気をつけるためにも、ワクチンの有効率をお伝えしようと思います。コロナワクチンの有効率を知れば、接種後に感染することがよくわかりますよ。     【コロナワクチン接種後の感染】ファイザー社 ファイザー社の新型コロナワクチンは、通常3週間の間隔で2回接種します。最も高い発症予防効果が得られるのは、2回目を接種してから7日程度経って以降となっております。ファイザー社のコロナワクチンを接種後、体の中である程度の抗体ができるまでに1~2週間程度かかるため、1回目の接種後から2週間程度は、ワクチンを受けていない方と同じくらいの頻度で発症してしまいます。また、臨床試験においてワクチンを2回接種した場合の有効率は約95%となっております。ファイザー社のコロナワクチンについてもっと知りたい方は「ファイザー社のホームページ」をご覧ください。     【コロナワクチン接種後の運動】アストラゼネカ社 アストラゼネカ社の新型コロナワクチンは、通常、4~12週間の間隔で2回接種します。臨床試験において、本ワクチンの接種で十分な免疫が確認されたのは、2回目の接種を受けてから15日以降。また、ワクチンを2回接種した場合の有効率は約70%となっております。 アストラゼネカ社のコロナワクチンについてもっと知りたい方は「アストラゼネカ社のホームページ」をご覧ください。       【コロナワクチン接種後の運動】武田/モデルナ社 武田/モデルナ社の新型コロナワクチンは、通常、4週間の間隔で2回接種します。臨床試験において、本ワクチンの接種で十分な免疫が確認されたのは、2回目を接種してから14日以降となっています。また、ワクチンを2回接種した場合の有効率は約94%となっております。武田/モデルナ社のコロナワクチンについてもっと知りたい方は「武田/モデルナ社のホームページ」をご覧ください。   <コロナワクチン有効率のまとめ> ファイザー社 約95% アストラゼネカ社 約70% 武田/モデルナ社 約94% 以上になります。 ご覧の通り、コロナワクチンの有効率は100%ではありません。ですので、コロナワクチンを接種したからといって、油断しないようにしましょう。       コロナワクチン接種後に発熱した状態で人に会うと感染させるってホント? 結論を申し上げますと、コロナワクチン接種後に発熱した状態で人に会っても「感染させることはありません」。というのも、コロナワクチン接種後の発熱は免疫反応で起きるもの。(発熱は上記で挙げた副反応です)。ウイルスの感染による発熱とは異なります。ですから、この免疫反応によって、周りの人にウイルスを感染させることはありません。ただし、たまたま同じ時期に、新型コロナウイルスに感染していた場合には、気付かずに周りの人に感染させる可能性があります。なので、接種後にも感染予防対策を徹底してくださいね。     コロナワクチン接種後の感染!日本国内のニュースから見てみる ここからは、ニュース記事をもとに日本国内で「コロナワクチン接種後に感染した例」を見ていきたいと思います。     【コロナワクチン接種後の感染】東京都 東京都港区の「みなと保健所」は6月16日から7月21日に届け出のあった新型コロナウイルス感染者1478人のうち、9%にあたる131人がワクチン接種後の感染だったと発表しております。尚、このうち、8割の人は1回目の接種後に感染していたと述べております。 やはり、コロナワクチンの製造メーカーが述べているように、1回の接種ではコロナワクチンの接種を受けていない人とほぼ同じってことですね。     【コロナワクチン接種後の感染】大阪府 大阪府は8月18日に開いた新型コロナウイルス対策本部会議で、3月以降に確認された新規感染者計約8万5千人のうち、ワクチンを接種した人は全体の2・5%の2118人だったとの分析結果を公表しました。尚、2回目のワクチン接種後、免疫を獲得するとされる2週間以上が経過して発症した人は317人(0・4%)で、重症者や死亡者はいなかったそうです。     【コロナワクチン接種後の感染】埼玉県 埼玉県の発表によると、8月12日の新型コロナウイルスの新規感染者は1528人。このうち20~70代の男女37人はコロナワクチン接種を2回受けていたそうです。やはり、コロナワクチンを接種しても感染する可能性は十分にありますので、油断できないですね。         コロナワクチン接種後の感染!海外のニュースから見てみる ここからは、ニュース記事をもとに海外で「コロナワクチン接種後に感染した例」を見ていきたいと思います。     【コロナワクチン接種後の感染】アメリカ CDC(アメリカ疾病対策センター)の発表によると、7月にアメリカの一部地域で調査した結果、感染者のおよそ4分の3が、コロナワクチン接種後に感染していたことがわかったそうです。尚、このうち79%に、せきや発熱などの症状が見られたが入院したのは4人で、死者はゼロだったと述べております。     【コロナワクチン接種後の感染】シンガポール シンガポール保健省が7月に発表した記事によると、過去28日間の感染者1096人のうち44%が2回の接種済みで、別の30%も1回接種していたと述べております。     【コロナワクチン接種後の感染】イスラエル イスラエルでは、コロナワクチン接種後も感染する人が急増。特にインドで確認された変異ウイルス「デルタ株」に感染する人が増えているそうです。イスラエル政府はこれを受け、2回のコロナワクチン接種を終えている60歳以上の人に対し、8月から3回目の接種を決定。尚、3回目の接種対象者は「2回目の接種をしてから5か月以上たった人」になるそうですよ。         まとめ   では、これまでの内容をまとめると   コロナワクチン接種後の感染について解説する前に コロナワクチン接種後の感染について解説 コロナワクチン接種後の感染!ワクチンごとに有効率を解説 【コロナワクチン接種後の感染】ファイザー社 【コロナワクチン接種後の運動】アストラゼネカ社 【コロナワクチン接種後の運動】武田/モデルナ社 <コロナワクチン有効率のまとめ> コロナワクチン接種後に発熱した状態で人に会うと感染させるってホント? コロナワクチン接種後の感染!日本国内のニュースから見てみる 【コロナワクチン接種後の感染】東京都 【コロナワクチン接種後の感染】大阪府 【コロナワクチン接種後の感染】埼玉県 コロナワクチン接種後の感染!海外のニュースから見てみる 【コロナワクチン接種後の感染】アメリカ 【コロナワクチン接種後の感染】シンガポール 【コロナワクチン接種後の感染】イスラエル   以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

2021.08.19

内科

コロナワクチン接種後の運動について解説

内科に関する記事です。
コロナワクチン接種後に…運動ってしてもいいの? このような疑問を抱えている方はいませんか? 「コロナワクチン接種当日の運動はダメ」「コロナワクチン接種の翌日も運動はダメ…」「いや、最低でも1週間は運動を控えよう!」など、コロナワクチン接種後の運動については情報が様々あります。 今回はその疑問にお答えするため「コロナワクチン接種後の運動」について解説したいと思います。 この記事では、コロナワクチン接種後の運動と併せて「コロナワクチン製造メーカーの見解」についても解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。   【目次】 コロナワクチン接種後の運動について解説する前に コロナワクチン接種後の運動について解説 コロナワクチン接種後の運動はいつからOK? コロナワクチン接種後にしてはいけない激しい運動ってなに? 【コロナワクチン接種後にしてはいけない激しい運動1】マラソン 【コロナワクチン接種後にしてはいけない激しい運動2】水泳     【コロナワクチン接種後にしてはいけない激しい運動3】球技 コロナワクチン接種後の運動(コロナワクチン製造メーカーの見解) 【コロナワクチン接種後の運動】ファイザー社 【コロナワクチン接種後の運動】アストラゼネカ社 【コロナワクチン接種後の運動】武田/モデルナ社 コロナワクチン接種後の運動についてシンガポールの対応 【コロナワクチン接種後の運動】シンガポール まとめ   コロナワクチン接種後の運動について解説する前に コロナワクチン接種後の運動について解説する前に、大切なことをお伝えします。 それは、「コロナワクチンを接種すると副反応が起こるかもしれない」ということです。 副反応とは、コロナワクチン接種後、ウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れること。 具体的には、注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛みなどになります。 これらの症状は、基本的に数日もすれば回復していきます。 ですが、なかには症状が悪化して苦しいという方もいるかもしれません。 なのでもし心配な方、あるいは症状が悪化して苦しいという方は、「千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口」といった自治体の支援制度もご活用ください。 こちらの窓口は24時間体制で相談できるようになっております。 千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口 電話番号  03-6412-9326 受付時間  24時間(土曜日・日曜日、祝日含む)   コロナワクチン接種後の運動について解説 コロナワクチン接種後に運動はしてもいいのか? 接種後、1週間程度は激しい運動をするのはお控えください。 特に若い方(中でも男性に多い)では、接種後4日目くらいから心筋炎が報告されています。 報告では軽症例のみとなっていますが、不整脈などで突然死する可能性が指摘されています。 接種後胸部症状がある方は、特に症状が消失するまでは激しい運動はお控えください。   コロナワクチン接種後の運動はいつからOK? 上記で、コロナワクチン接種後の運動は避けるべきだとお伝えしました。 では、いつから運動はOKなのか?これに対する答えはありません。 コロナワクチン接種後の副反応は個人差が大きく、発熱して2日間寝込む人もいれば、翌日からいつも通りに生活している人もいます。 そのため、運動しても問題ない期間について一概にお伝えすることはできないのです。 こちらについてさらに詳細の情報をお求めの方は厚生労働省のホームページをご覧ください。   コロナワクチン接種後にしてはいけない激しい運動につきまして 基本的にはワクチン接種後すぐの運動は推奨できません。 運動の内容にもよりますが、マラソンや球技、水泳といった一般的な運動はできるだけ控えるか、軽度のトレーニング内容に抑えてください。   コロナワクチン接種後の運動(コロナワクチン製造メーカーの見解) コロナワクチンの製造メーカーは接種後の運動について、どのように述べているかをみていきたいと思います。 【コロナワクチン接種後の運動】ファイザー社 ファイザー社では、コロナワクチン接種後の運動について、「接種当日の激しい運動は控えてください」と述べております。 具体的な運動について記載はありません。 さらに「〇〇日後から運動OK」という記載もありません。 なので、翌日以降は自分の体調を見ながら各自で判断してください、という意味になるでしょう。 ファイザー社のコロナワクチンについてもっと知りたい方は「ファイザー社のホームページ」をご覧ください。   【コロナワクチン接種後の運動】アストラゼネカ社 アストラゼネカ社では、コロナワクチン接種後の運動について、ファイザー社と同様に「接種当日の激しい運動は控えてください」と述べております。 こちらも「具体的な運動」や「日数」についての記載はありません。 なので、翌日以降は自分の体調を見ながら各自で判断してください、という意味になるでしょう。 アストラゼネカ社のコロナワクチンについてもっと知りたい方は「アストラゼネカ社のホームページ」をご覧ください。   【コロナワクチン接種後の運動】武田/モデルナ社 武田/モデルナ社では、コロナワクチン接種後の運動について、ファイザー社と同様に「接種当日の激しい運動は控えてください」と述べております。 こちらも「具体的な運動」や「日数」についての記載はなし。 ですので、翌日以降は自分の体調を見ながら各自で判断してください、という意味になるでしょう。 武田/モデルナ社のコロナワクチンについてもっと知りたい方は「武田/モデルナ社のホームページ」をご覧ください。   コロナワクチン接種後の運動についてシンガポールの対応 海外の対応についても一部紹介いたします。 こちらは7月に発表されたシンガポールの対応についてです。 シンガポールでは、コロナワクチン接種後の運動について、下記のように述べております。   【コロナワクチン接種後の運動】シンガポール シンガポールでは、シンガポール保健省が2021年7月5日に新型コロナウイルスワクチンの「最新ガイドライン」を公表しました。 それによると、接種から1週間は激しい運動を控えるよう勧告しております。 シンガポールでは、コロナワクチン接種後に10代の男性1人が心不全に陥るなど、若い男性を中心に「心臓に問題が出るケース」が数件確認。 そのため「さらに慎重を期す措置」として1、2回目ともに接種後1週間は激しい運動を避けるように求めているそうです。 シンガポールはコロナワクチン接種開始当初、運動禁止期間を「12-24時間」としていたそうです。 そう考えると、日本も状況次第では「1週間は運動を控えてください」と勧告される可能性が十分に考えられます。 そうならないためにも、個々が運動を控え、安静に過ごすことが重要です。   【2022年2月追記】新型コロナワクチン接種の当院の状況につきまして 当院ではオミクロン株の新型コロナに対するワクチン接種を行なっております。 接種券をお持ちの方はこちらの千葉市のコロナワクチン予約サイトからご予約ください。 現在非常に多くの患者様に当院をご利用いただいており、お電話でのお問い合わせは大変繋がりにくくなっております。 また誤解されていらっしゃる方もおりますが、当院ではお電話で新型コロナワクチンの予約はできません。 当院では予約を取っておりませんので、診察をご希望の方は以下より当日の順番をお取りいただいた上でご来院いただけるとスムーズに診察が可能です。 当日の順番予約はこちらから まとめ では、これまでの内容をまとめますと コロナワクチン接種後の運動について解説する前に コロナワクチン接種後の運動について解説 コロナワクチン接種後の運動はいつからOK? コロナワクチン接種後にしてはいけない激しい運動ってなに? 【コロナワクチン接種後にしてはいけない激しい運動1】マラソン 【コロナワクチン接種後にしてはいけない激しい運動2】水泳     【コロナワクチン接種後にしてはいけない激しい運動3】球技 コロナワクチン接種後の運動(コロナワクチン製造メーカーの見解) 【コロナワクチン接種後の運動】ファイザー社 【コロナワクチン接種後の運動】アストラゼネカ社 【コロナワクチン接種後の運動】武田/モデルナ社 コロナワクチン接種後の運動についてシンガポールの対応 【コロナワクチン接種後の運動】シンガポール 以上になります。

2021.08.17

内科

コロナワクチン接種後の飲酒について解説

内科に関する記事です。
コロナワクチンを接種したけど…。 お酒はいつから飲んでいいの? このような疑問を抱えている方はいませんか? 「コロナワクチン接種当日の飲酒はダメ…」「コロナワクチン接種の翌日も飲酒はダメ…」「いや、コロナワクチン接種後の飲酒は大丈夫だ」など、コロナワクチン接種後の飲酒については情報がたくさんあります。そのため、どれが真実かわからず、接種を受けた方は困ってしまうのではないでしょうか。 というわけで、この記事ではその疑問にお答えするため「コロナワクチン接種後の飲酒」について解説したいと思います。この記事では「コロナワクチン接種後の飲酒」と併せて「他国の対応」や「コロナワクチン製造メーカーの見解」についても解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それでは、いってみましょう! .cv_box { text-align: center; } .cv_box a{ text-decoration: none !important; color: #fff !important; width: 100%; max-width: 400px; padding: 10px 30px; border-radius: 35px; border: 2px solid #fff; background-color: #ffb800; box-shadow: 0 0 10pxrgb(0 0 0 / 10%); position: relative; text-align: center; font-size: 18px; letter-spacing: 0.05em; line-height: 1.3; margin: 0 auto 40px; text-decoration: none; } .cv_box a:after { content: ""; position: absolute; top: 52%; -webkit-transform: translateY(-50%); transform: translateY(-50%); right: 10px; background-image: url("https://itaya-naika.co.jp/static/user/images/common/icon_link_w.svg"); width: 15px; height: 15px; background-size: contain; display: inline-block; } 【目次】 コロナワクチン接種後の飲酒について語る前に コロナワクチン接種後の飲酒について解説 コロナワクチン接種後の飲酒!いつから飲んでいいの? コロナワクチン接種後に飲酒すると抗体ができにくいって本当なの? コロナワクチン接種後に飲酒!むくみが生じたけど大丈夫なの? コロナワクチン接種後の飲酒について解説(コロナワクチン製造メーカーの見解) 【コロナワクチン接種後の飲酒】武田/モデルナ社 【コロナワクチン接種後の飲酒】アストラゼネカ社 【コロナワクチン接種後の飲酒】ファイザー社 コロナワクチン接種後の飲酒について解説(他国の対応) 【コロナワクチン接種後の飲酒】ロシア 【コロナワクチン接種後の飲酒】カナダ 【コロナワクチン接種後の飲酒】イギリス まとめ     コロナワクチン接種後の飲酒について語る前に 前提としましてコロナワクチンを接種すると副反応が生じます。 具体的には接種部位に痛みが出たり、倦怠感・発熱・頭痛・関節痛などが生じる可能性があります。 そのため接種当日・及び翌日は無理をせず外出を控え、自宅で安静にしておきましょう。   コロナワクチン接種後の飲酒について解説 過度な飲酒は避けてください。過度の飲酒は免疫機能を低下させる可能性があります。そのため、コロナワクチン接種後の副反応(発熱・頭痛・倦怠感)が飲酒により、さらに強くなるかもしれません。なので、接種当日の飲酒は避けるべきでしょう。 厚生労働省のホームページでも同じ見解を述べております。     コロナワクチン接種後の飲酒!いつから飲んでいいの? いつからであれば、飲酒はOKなのか?これに対する答えはありません。というのも、コロナワクチン接種後の副反応には個人差が大きく、発熱して2日間寝込む人もいれば翌日からいつも通りに生活している人もいます。同様にコロナワクチン接種後、何日が経過したら「飲酒しても問題ない」とは、一概に言えないのです。     コロナワクチン接種後に飲酒すると抗体ができにくいって本当? 上記でお伝えした通り、飲酒は免疫機能を低下させる可能性があります。つまり、「抗体ができにくくなる」ということです。少量の飲酒であればともかく、過度の飲酒は免疫機能を低下させる可能性が高いです。コロナワクチン接種後の飲酒は控えるようにしてください。   コロナワクチン接種後に飲酒!むくみが生じたけど大丈夫なの? コロナワクチン接種後に飲酒をしてむくみが生じた場合、アルコールが原因ではなく、副反応の可能性があります。症状がひどい場合は「千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口」に連絡をしましょう。 こちらの窓口は24時間体制で相談できるようになっておりますので、いつでも気兼ねなく連絡してください。くれぐれも接種当日は安静にしておきましょう。   千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口 電話番号  03-6412-9326  受付時間  24時間(土曜日・日曜日、祝日含む)         コロナワクチン接種後の飲酒について解説(コロナワクチン製造メーカーの見解) 続きまして、コロナワクチンの製造メーカーは接種後の飲酒について、どのように述べているかをみていきたいと思います。   【コロナワクチン接種後の飲酒】武田/モデルナ社 武田/モデルナ社では、コロナワクチン接種後の飲酒について「接種当日、過度の飲酒等は控えてください」と述べております。それ以降の記載はありません。なので、翌日以降は自分の体調を見ながら各自で判断してください、という意味になると思います。コロナワクチン接種後の飲酒についてもっと詳しく知りたい方は、武田/モデルナ社のホームページをご覧ください。   【コロナワクチン接種後の飲酒】アストラゼネカ社 アストラゼネカ社では、コロナワクチン接種後の飲酒について、武田/モデルナ社と同様に「接種当日、過度の飲酒等は控えてください」と述べております。こちらに関しても、特に「何日以降はよい」という記載はありません。なので、翌日以降は自分の体調を見ながら各自で判断してください、という意味になると思います。コロナワクチン接種後の飲酒についてもっと詳しく知りたい方は、アストラゼネカ社のホームページをご覧ください。   【コロナワクチン接種後の飲酒】ファイザー社 ファイザー社では、コロナワクチン接種後の飲酒について、武田/モデルナ社と同様に「接種当日、過度の飲酒等は控えてください」と述べております。こちらに関しても、特に「何日以降はよい」という記載はなし。やはり、翌日以降は自分の体調を見ながら各自で判断してくださいってことですね。コロナワクチン接種後の飲酒についてもっと詳しく知りたい方は、ファイザー社のホームページをご覧ください。 以上が製造メーカー3社による見解です。 3社とも当日の飲酒は控えてくださいと言っておりますので、接種当日の飲酒はお控えください。   コロナワクチン接種後の飲酒について解説(他国の対応) 最後に他国ではコロナワクチン接種後の飲酒について、どのように述べているかをご紹介していきたいと思います。   【コロナワクチン接種後の飲酒】ロシア ロシアでは、同国の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の接種を受ける人に対して、約2カ月間飲酒を控えてほしいと訴えました。禁酒により、抗体ができる効果を高めたい、という意図があるようです。尚、この政府の発表に対して国民は反発。SNSなどでは「科学的根拠に乏しい」「それなら接種は無理だ」「飲まない方が不健康になる!」などの声が相次いだそうです。     【コロナワクチン接種後の飲酒】カナダ カナダでは、コロナワクチン接種後の飲酒について明確な回答を出していない模様。 ブリティッシュコロンビア州政府防疫当局が運営する「新型コロナウイルス予防接種案内サイト」に飲酒に関する質問が届いたところ「ワクチン接種後に飲酒に関する具体的な勧告事項を持っていない」と回答があったそうです。   【コロナワクチン接種後の飲酒】イギリス イギリスでは、専門家たちが「コロナワクチン接種前後の飲酒は控えるべきだ」と警告しております。『Lad Bible』の報道によると、イギリスの救急医学の専門家、ロンクス・カリア博士は、被験者にプロセッコをグラス3杯飲んでもらい、その前後の血液サンプルを採取し、アルコールの影響を調べる実験を行いました。その結果、飲酒することで、血液の中のリンパ球細胞レベルを50%も低下させたことを発見したそうです。リンパ球細胞の減少はワクチンの有効性を低下させる可能性が高いです。そのため、安全を期すためにもワクチン接種の前後にはアルコールを止めるよう人々に促しているそうです。   体調に異常を感じた方はいつでもご相談ください 当院はどなたでも、どんな些細な不調も相談できる千葉市のかかりつけ医を目指しております。 熱が出ていなくとも身体に違和感を感じたり、いつもと調子が違ったり、小さなことでも気になることがありましたらいつでも板谷内科クリニックにお越しください。 当院では予約を承っていませんが、少しでも患者の皆さまが快適に診察を受けられるよう、以下から当日の順番をお取りいただけます。 当日の順番予約はこちらから   まとめ   では、これまでの内容をまとめると   コロナワクチン接種後の飲酒について語る前に コロナワクチン接種後の飲酒について解説 コロナワクチン接種後の飲酒!いつから飲んでいいの? コロナワクチン接種後に飲酒すると抗体ができにくいって本当なの? コロナワクチン接種後に飲酒!むくみが生じたけど大丈夫なの? コロナワクチン接種後の飲酒について解説(コロナワクチン製造メーカーの見解) 【コロナワクチン接種後の飲酒】武田/モデルナ社 【コロナワクチン接種後の飲酒】アストラゼネカ社 【コロナワクチン接種後の飲酒】ファイザー社 コロナワクチン接種後の飲酒について解説(他国の対応) 【コロナワクチン接種後の飲酒】ロシア 【コロナワクチン接種後の飲酒】カナダ 【コロナワクチン接種後の飲酒】イギリス 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

2021.08.16

内科

コロナワクチンの副反応を紹介

内科に関する記事です。
コロナワクチンを接種したいけど…。 副反応が怖い。 このような悩みを抱えている方はいませんか? 「コロナワクチンを接種したら髪の毛が抜ける」「コロナワクチンを接種したら頭が痛くなる」など、コロナワクチンを接種しようと考えている方は、副反応の情報に戸惑い、接種をためらっているのではないでしょうか。 今回はそんな方に向けて『コロナワクチンの副反応』について解説していきます。この記事は厚生労働省の発表をもとに、丁寧に説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 それではいってみましょう! 【目次】 コロナワクチンの副反応って悪いことなの? コロナワクチンの主な副反応 【コロナワクチンの主な副反応1】頭痛 【コロナワクチンの主な副反応2】疲労感 【コロナワクチンの主な副反応3】接種部位の痛み 【コロナワクチンの主な副反応4】筋肉痛 【コロナワクチンの主な副反応5】関節痛 【コロナワクチンの主な副反応6】発熱 【コロナワクチンの主な副反応7】悪寒 【コロナワクチンの主な副反応8】吐き気・嘔吐 【コロナワクチンの主な副反応9】下痢 【コロナワクチンの主な副反応10】リンパ節症 【コロナワクチンの主な副反応11】発赤・紅斑 コロナワクチン接種後に起こるアナフィラキシーとは? コロナワクチン接種に起こるアナフィラキシーの件数 コロナワクチン接種!稀に起こる副反応 【コロナワクチンの副反応】心筋炎・心膜炎 コロナワクチンの副反応について心配な方へ まとめ       コロナワクチンの副反応って悪いことなの? コロナワクチンを接種すると数日後に副反応が起こることがあります。例えば、注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛みなど。ときには発熱することもあるでしょう。これらの副反応は一見すると体に異常をきたしているように思います。しかし副反応が生じるのは、免疫反応のあらわれと考えられ、きちんと免疫ができている証拠ともいえます。ですので「副反応=悪い」という考え方をしないようにしてくださいね。尚、こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しますよ。どうしても心配な方は厚生労働省のホームページをご覧ください。コロナワクチンの安全性と副反応について言及しております。       コロナワクチンの主な副反応 ここからは、コロナワクチンの主な副反応について解説していきます。コロナワクチンの接種を検討されている方は、ぜひご覧くださいね。尚、副反応について調べるコロナワクチンは2種類。現在日本で接種できる「ファイザー社のワクチン」と「武田/モデルナ社のワクチン」で調べております。     【コロナワクチンの主な副反応1】頭痛 1番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『頭痛』です。厚生労働省の発表によると、「ファイザー社」「武田/モデルナ社」ともに50%以上の確率で、接種後に頭痛の副反応があるとのことです。     【コロナワクチンの主な副反応2】疲労感 2番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『疲労感』です。厚生労働省の発表によると、「ファイザー社」「武田/モデルナ社」ともに50%以上の確率で、接種後に頭痛の副反応があるとのことです。     【コロナワクチンの主な副反応3】接種部位の痛み 3番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『接種部位の痛み』です。厚生労働省の発表によると、「ファイザー社」「武田/モデルナ社」ともに50%以上の確率で、接種後に接種部位の痛みの副反応があるとのことです。   【コロナワクチンの主な副反応4】筋肉痛 4番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『筋肉痛』です。厚生労働省の発表によると「武田/モデルナ社」で50%以上。「ファイザー社」で10〜50%の確率で、接種後に筋肉痛の副反応があるとのことです。     【コロナワクチンの主な副反応5】関節痛 5番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『関節痛』です。厚生労働省の発表によると、「ファイザー社」「武田/モデルナ社」ともに10〜50%以上の確率で、接種後に関節痛の副反応があるとのことです。     【コロナワクチンの主な副反応6】発熱 6番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『発熱』です。厚生労働省の発表によると、「ファイザー社」「武田/モデルナ社」ともに10〜50%以上の確率で、発熱の副反応があるとのことです。     【コロナワクチンの主な副反応7】悪寒 7番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『悪寒』です。厚生労働省の発表によると、「ファイザー社」「武田/モデルナ社」ともに10〜50%以上の確率で、悪寒の副反応があるとのことです。     【コロナワクチンの主な副反応8】吐き気・嘔吐 8番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『吐き気・嘔吐』です。厚生労働省の発表によると、「武田/モデルナ社」で10〜50%以上。「ファイザー社」で1〜10%の確率で、接種後に吐き気・嘔吐の副反応があるとのことです。     【コロナワクチンの主な副反応9】下痢 9番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『吐き気・嘔吐』です。厚生労働省の発表によると、「ファイザー社」のコロナワクチンを接種後、10〜50%以上の確率で下痢の副反応があるとのことです。尚、「武田/モデルナ社」のコロナワクチンに関しては「下痢の副反応なし」となっております。     【コロナワクチンの主な副反応10】リンパ節症 10番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『リンパ節症』です。厚生労働省の発表によると、「武田/モデルナ社」のコロナワクチンを接種後、10〜50%以上の確率でリンパ節症の副反応があるとのことです。尚、「ファイザー社」のコロナワクチンに関しては「リンパ節症の副反応なし」となっております。     【コロナワクチンの主な副反応11】発赤・紅斑 11番目にご紹介するコロナワクチンの主な副反応は『発赤・紅斑』です。厚生労働省の発表によると、「武田/モデルナ社」のコロナワクチンを接種後、10〜50%以上の確率で発赤・紅斑の副反応があるとのことです。尚、「ファイザー社」のコロナワクチンに関しては「発赤・紅斑の副反応なし」となっております。   以上が主な副反応です。 尚、「武田/モデルナ社」のコロナワクチンに関しては、接種後7日以降も「接種部位の痛み」が出ております。ですので「武田/モデルナ社」のほうが、「ファイザー社」より、副反応が強い傾向があると言えるでしょう。       コロナワクチン接種後に起こるアナフィラキシーとは? アナフィラキシーとは急性のアレルギー反応のこと。アレルゲンなどが体内に入ることによって、複数の臓器や全身にアレルギー症状が表れることを言います。コロナワクチンを接種すると、ごく稀に『アナフィラキシー』の副反応を起こす人がいます。この症状は放っておくと、命に危険が生じる可能性がありますが、心配いりません。なぜなら、コロナワクチン接種後に「アナフィラキシー」が起こるかを確認するため、接種会場で約30分程度の待機時間を設けているからです。また、どの接種会場でも、すぐに専門の医師が対応できるよう環境を整えております。そのため、これまでにコロナワクチン接種後「アナフィラキシー」を起こして死亡したケースはありません。必要以上にアナフィラキシーを恐れないようにしてくださいね。アナフィラキシーについて言及しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。         コロナワクチン接種に起こるアナフィラキシーの件数 これまでに報告されたアナフィラキシーの件数は「ファイザー社」のコロナワクチンについては、製造販売業者から1,853件(100万回接種あたり32件)が報告され、そのうち325件(100万回接種あたり6件)が専門家によりアナフィラキシー(ブライトン分類1~3)と評価されました。一方、武田/モデルナ社ワクチンについては医療機関から46件(100万回接種あたり25件)が報告され、そのうち2件(100万回接種あたり1.1件)が専門家によりアナフィラキシー(ブライトン分類1~3)と評価されました。以上のことからわかるように、アナフィラキシーが起こる確率は非常に低いと言えるでしょう。もっと知りたい方は、アナフィラキシーについて述べているサイトをご覧ください。より詳しく分かりますよ。         コロナワクチン接種!稀に起こる副反応 続いては、コロナワクチン接種後、稀に見られる副反応をご紹介します。この症状はコロナワクチン接種との因果関係がとれていない症状です。なので、参考程度にご覧ください。     【コロナワクチンの副反応】心筋炎・心膜炎 『心筋炎・心膜炎』は稀に見られるコロナワクチンの副反応はです。厚生労働省の発表によると、コロナワクチン接種後に心筋炎・心膜炎の症状を訴える報告が「武田/モデルナ社」で1例。「ファイザー社」で31例あったそうです。       コロナワクチンの副反応について心配な方へ 当院では、2021年5月から「コロナワクチンの接種」を行なっております。ワクチン接種の際は患者さまの不安を解消することに尽力し、丁寧な診察を心がけております。ですので、もし副反応についてご心配のある方は、お気軽にご相談くださいね。尚、コロナワクチン供給量の関係で現在は予約をストップしております。予約受付開始は当院の「ホームページ」にてお知らせしますので、ぜひご確認くださいね。         まとめ では、これまでの内容をまとめると コロナワクチンの副反応って悪いことなの? コロナワクチンの主な副反応 【コロナワクチンの主な副反応1】頭痛 【コロナワクチンの主な副反応2】疲労感 【コロナワクチンの主な副反応3】接種部位の痛み 【コロナワクチンの主な副反応4】筋肉痛 【コロナワクチンの主な副反応5】関節痛 【コロナワクチンの主な副反応6】発熱 【コロナワクチンの主な副反応7】悪寒 【コロナワクチンの主な副反応8】吐き気・嘔吐 【コロナワクチンの主な副反応9】下痢 【コロナワクチンの主な副反応10】リンパ節症 【コロナワクチンの主な副反応11】発赤・紅斑 コロナワクチン接種後に起こるアナフィラキシーとは? コロナワクチン接種に起こるアナフィラキシーの件数 コロナワクチン接種!稀に起こる副反応 【コロナワクチンの副反応】心筋炎・心膜炎 コロナワクチンの副反応について心配な方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。  

2021.07.23