糖尿病・代謝内科

糖尿病患者の足にみられる症状について

2022.05.25

糖尿病はインスリンの分泌不全もしくは、インスリンが作用する臓器が十分にインスリンの効果を受けられない状態(インスリン抵抗性)、あるいはその両方がきっかけで血糖値が慢性的に高くなってしまった代謝異常の状態を指します。 血糖値が何年間も高いままでいると、将来的に心臓病や、失明、腎不全といったより重い病気につながります。 そのため、糖尿病の症状が見られた際には放置せず、速やかに糖尿病専門医による診察を受けることが大切です。 この記事では、糖尿病患者の足にみられる症状について解説していきます。 後半では「足の症状のチェックポイント」を説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

【目次】
糖尿病の主な合併症について
糖尿病足病変とは?
足の症状が悪化した時のリスクについて
糖尿病患者の足に出る症状一覧
糖尿病に対するフットケアについて

 

糖尿病の主な合併症について

糖尿病チェック|足に出る症状とは?

糖尿病の合併症の中でも「糖尿病性神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」は3大合併症と言われております。

中でも「糖尿病性神経障害」は多くの糖尿病患者に起こりやすく、立ちくらみや下痢、便秘といった自律神経障害や手足の痺れ、冷えやこりといった感覚・運動神経障害といった症状が現れます。

神経障害が進行してしまうと、通常より感覚が鈍くなるため小さな傷をつくりやすいです。

 

糖尿病足病変とは?

糖尿病の患者に生じる足のトラブルの総称を「糖尿病足病変(とうにょうびょうあしびょうへん)」といいます。

病変には、足に生じる水虫や細菌感染による病変、たこやうおのめ、足の潰瘍や変形などがあります。

さらに重症になると壊疽(えそ)という組織が死んでしまった状態になり、最悪の場合は足を切断することもあります。

これらを避けるためには、血糖を適切な状態に保つことはもちろん、毎日足の状態をよく観察し異常をすぐに見つけることが大切です。

このような状態で外傷、靴ずれ、低温やけどなどによりキズができると潰瘍や壊疽へと悪化する恐れがあるため、注意が必要です。

 

足の症状が悪化した時のリスクについて

糖尿病患者にとって、もっとも怖い足の問題は「足を失うこと」です。

糖尿病で足を失うことは珍しい話ではなく、糖尿病の合併症である神経障害や血管障害などは、足の壊疽(組織が腐ってしまうこと)を引き起こします。

壊疽は大変治りにくい病気で、足を切断することも少なくないのです。

糖尿病で足を失わないためにも糖尿病の症状が見られた際には、速やかに糖尿病専門医による診察を受けてください。

 

糖尿病患者の足に出る症状一覧

糖尿病チェック|足に出る症状のチェックポイント

糖尿病性足病変の予防には、日頃からのセルフチェックが大切です。

以下の症状がある方は糖尿病の疑いがありますので、速やかに糖尿病専門医による診察をご検討ください。

<糖尿病患者の足に出る症状>

1. 足の先がしびれる
2. 足の先に痛みがある
3. 足の先がジンジン(ピリピリ)する
4. 足の感覚に異常がある(痛みを感じにくい、感覚が鈍いなど)
5. 足がつる
6. うおのめ、たこ、まめ、靴ずれがよくできる
7. 小さな傷でも治らない
8. 足に感染症がある(水虫など)
9. 皮膚が赤くなったり、腫れたりしている部分がある
10. 皮膚が乾燥したり、ひび割れしている部分がある
11. 爪が変形したり、変色したりしている

 

糖尿病に対するフットケアについて

糖尿病チェック|足の糖尿病対策について

糖尿病性足病変を予防するためには、日頃から自分の足を気にかけて、フットケアすることが大切です。

毎日足の隅々まで見て触ってよく観察しましょう。具体的な足の糖尿病対策については以下をご覧ください。

 

【糖尿病対策1】見えないところは鏡を使って観察しましょう

毎日明るい場所で足の裏側を鏡にうつしてみたり、目の悪い方は、周りの人にみてもらいましょう。

長時間歩いた後や運動後は特に念入りに観察してください。

 

【糖尿病対策2】爪は切り過ぎないようにしましょう

神経障害が進んでいると「違和感」や「痛み」を感じません。

伸びた爪はケガのもとになりますので、こまめに手入れをしてください。なお、硬くて切りにくい爪は無理に自分で切らずに医師や看護師に処置してもらいましょう。

 

【糖尿病対策3】足を清潔に保ちましょう

感染を防ぐためには、足を清潔に保つことが重要です。足は石けんをよく泡立てて、柔らかいタオルやスポンジで優しく洗ってください。指の間も忘れずに洗いましょう。

 

【糖尿病対策4】自分の足に合った靴をはきましょう

靴が足に合っていないと、靴ずれを起こしたり、血管を圧迫したりします。

そのため、足の糖尿病対策として靴選びは重要なポイントです。靴を選ぶ際は以下のポイントに注意して選びましょう。

 

<靴選びのポイント>

1. つま先に1センチ程度の余裕があり、足の形に合っている
2. 革や内張りが柔らかく、靴の内部に硬い縫い目がない
3. クッション性がよく、靴底が安定している
4. ハイヒールなど、一カ所に体重がかかるものは避ける
5. 一日の中で最も足が大きくなる夕方を基準にサイズを選ぶ
6. 通気性のよい綿かウールのものを選ぶ

 

<靴を履く時のポイント>

1. 新しい靴は最初から長時間履かずに少しずつ慣らしていく
2. 毎日履きかえて清潔に保つ
3. 靴の中に異物がないか、よく確認してから履く
4. 運動や散歩をする時は足首が固定されるよう、紐やマジックテープが付いた運動靴を履く

 

【糖尿病対策5】必ず靴下を履きましょう

足のケガの防止のため、靴下を必ず履くようにしましょう。

靴下を履くことでケガだけでなく、水虫の予防にもなります。

靴下の選び方については「糖尿病ネットワーク」をご覧ください。

 

【糖尿病対策6】やけどに注意しましょう

神経障害により足が冷えることはよくありますが、そんなときは熱さに対しても鈍くなっています。

湯たんぽやこたつ、電気カーペットなどでは低温ヤケドに十分注意しましょう。